おはようございます、今日はハロウィンです

「ハロウィン」または「ハロウィーン」(Halloween)は、古代ヨーロッパの原住民ケルト族を起源とする祭りである。

もともとは秋の収穫を祝い、悪霊などを追い出す宗教的な意味合いのある行事であった。現代では特にアメリカで、宗教的な意味合いはほとんどなく子どもの祭りとして定着している。

アイルランドの古代ケルト暦では大晦日にあたり、死者の霊が家に戻ってくる日で、ほうきに乗った魔女が黒猫を連れてやって来て悪さをする日と言われていた。子どもたちが色々な仮装をして戸口で「トリック・オア・トリート」(Trick or treat. 「お菓子をくれなきゃ悪戯するよ」)と脅すのもケルト族の言い伝えからである。

この日のシンボルは「ジャック・オー・ランタン」と呼ばれるカボチャの中身をくり抜いたランタンや魔女、お化け。シンボルカラーはオレンジと黒となっている。なお、ランタンにはもともとカブの一種ルタバガが用いられ、アメリカへ伝わった後にカボチャが用いられた。

「ハロウィン」はキリスト教の祭りではないが、11月1日に行われるカトリック教会の聖人の祝日「諸聖人の日」(古くは「万聖節」)の前夜祭ともされた。「ハロウィン」の語源は、「諸聖人の日」前晩にあたることから、「諸聖人の日」の英語での旧称「All Hallows」の「eve(前夜)」、「Hallows eve」が訛って、「Halloween」と呼ばれるようになったとされる。

日本では馴染みのなかった「ハロウィン」であるが、1990年代後半より始まった東京ディズニーランドのイベントを筆頭として、各地でのハロウィンイベントの開催が増えたこと、さらに2000年代後半より菓子メーカーが相次いでハロウィン商戦に参入したことなどを契機に広がりを見せている。店頭・街中でのハロウィン装飾や、仮装・コスプレのイベントなどが行われる。

https://zatsuneta.com/archives/110311.html

おはようございます、モクレンHP制作所担当です。今日はハロウィンですね。昨日はハロウィンに関連して事故なども起きましたが、そこまで熱狂するというのも凄い事ですね。ハロウィンはアメリカのお祭りかと思っていたら、起源は古代アイルランドのケルト族だというのが意外でした。

ケルト族の大晦日には死者の霊が家に戻ってくるというのは、風習的に日本のお盆と似てますね。お盆ではナスやキュウリで馬みたいなものを作りますが、ハロウィンでは南瓜がメジャーですね。これも元々は、「スウェーデンカブ」や「カブハボタン」と呼ばれたルタバガが使われていたそうですが、シンボルカラーのオレンジや黒とは程遠い白色です。人の顔にくり抜いたものは結構怖いです。

語源も結構変わってますね。スコットランドではeveがevenであり、それが縮まってeenになったらしいです。なかなか面白い縮まり方だとは思いますが、All Hallows(聖人たち)は昔からあったそうですが、Hallows eve は1556年までは見られないそうです。

Trick or treat!既に世界中で有名になっている言葉ですが、今晩何人の子供がこれを叫ぶのでしょうね。
それでは本日も宜しくお願いいたします!!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA