おはようございます、今日はかき氷の日です

東京都世田谷区若林に事務局を置き、会報の発行やイベントの企画・運営などを行う一般社団法人・日本かき氷協会が制定。

日付は「かき氷」が別名で「夏氷(なつごおり)」とも呼ばれることから、「な(7)つ(2)ご(5)おり」と読む語呂合わせと、1933年(昭和8年)のこの日、フェーン現象により山形県山形市で当時の日本最高気温40.8℃を記録したこと(日本最高気温の日)にちなみ、かき氷を食べるのにふさわしい日とのことで7月25日が選ばれた。

日本かき氷協会(Japan Kakigoori Association)は、日本の伝統ある食文化「かき氷」の素晴らしさを「まもる」ため、氷業界・かき氷飲食店舗などのかき氷に関わる業種との「つながり」を深め、全国・海外へかき氷の素晴らしさを「ひろげる」ことで、業界全体の更なる発展を目指している。
また、自由で豊かなかき氷の世界を守り広げていくことを願っている。同協会では、かき氷をもっと知ってもらい、もっと楽しんでもらうために様々なイベントを実施する。

かき氷について
「かき氷(かきごおり)」とは、氷を細かく削るか、砕いてシロップなどをかけた氷菓。餡やコンデンスミルクをかけたものもある。氷は古くはかんななどで粒状に削ったが、現在は専用の機械を用いる。
日本以外にも類似のものが各国にある。日本では、夏季に社寺の境内で催される祭礼や縁日において、綿菓子・たこ焼き・焼きそばとともに代表的な縁日物(えんにちもの)の一つであり、夏の風物詩の一つとなっている。
史実上の記録では、平安時代に清少納言の随筆『枕草子』「あてなるもの」(上品なもの、良いもの)の段に、金属製の器に氷を刃物で削った削り氷に蔓草(つるくさ)の一種である甘葛(アマヅラ)の樹液をかけたとして、「削り氷(けつりひ)にあまづら入れて、新しき金鋺(かなまり)に入れたる」と記述されている。当時のかき氷は小刀で削るもので特権階級しか口にできないものであった。

https://zatsuneta.com/archives/107252.html

おはようございます。モクレンHP制作所担当です。今日はかき氷の日ですが、日本かき氷協会なんてものがあったんですねぇ。まったくもって知りませんでした。およそ、職業には全て協会なるものがあるんじゃないかと思ってしまいます。

かき氷は別名夏氷というんですね。確かに夏にしか食べないので夏氷というのは理にかなっていると思います。既に夏の風物詩として十分認知されていると思いますが、最近は色んなかき氷があるみたいですね。やたらと背の高いかき氷とか…かき氷屋さんも色々と趣向を凝らしていると思います。個人的にはコンデンスミルクをかけたかき氷が好みですが、皆さんそれぞれのお気に入りがあるのでは…と思います。

そのかき氷ですが、日本では枕草子の時代からあったみたいですね。流石に以下の様なかき氷削り器なんてなかった時代ですから刃物で削ったらしいですが、まず氷があった事に驚き、それをまた削ろうと考えた事に驚きました。それだったらやはり特権階級しか口に出来ないですね。当時のかき氷も一回食べてみたいと思います。

最近では縁日ものの一つというよりは、かき氷専門店や喫茶店でもかき氷が食べられるところがあったりと、その幅は広がっていると思います。逆に縁日で見かける事の方が少なくなってきている気がするのは気のせいでしょうか。最も、担当は縁日に行くことが滅多にないので、単なる思い込みかもしれません。

暑い昨今、冷え冷えのかき氷食べたいですね。
それでは本日も宜しくお願いいたします!!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA