おはようございます、今日はリプトンの日です

世界最大の紅茶ブランド「リプトン」(Lipton)を展開するユニリーバ・ジャパン株式会社が制定。
同社は紅茶の生産から販売までを手がけ、品質の高い紅茶を手軽な価格で提供している紅茶の買付けで世界シェアナンバーワンの企業である。

イギリスの紅茶ブランド「リプトン」の創業者は、スコットランド・グラスゴー生まれのトーマス・リプトン(1850~1931年)である。1871年のこの日、トーマス・リプトンは、食料品店「リプトン・マーケット」第1号店をグラスゴーでオープンさせた。また、この日はトーマス・リプトンの誕生日でもある。この日は、上質な紅茶を楽しむ日としている。記念日は一般社団法人・日本記念日協会により認定・登録された。

1895年(明治28年)、リプトン紅茶はイギリス王室御用達となった。日本にリプトン紅茶が初めて輸入されたのは1906年(明治39年)で、黄色い缶に入った紅茶であった。その後、1961年(昭和36年)に日本でティーバックの製造が開始され、翌1962年(昭和37年)から発売され、本格的な紅茶を家庭で気軽に楽しめるということで人気が広まっていった。
2002年(平成14年)、紅茶のおいしさを最大限に引き出すピラミッド型ティーバッグが日本でも採用された。2006年(平成18年)、日本にリプトン紅茶が来航して100周年を迎えた。現在では、ティーバッグのほか、紙パック、缶、ペットボトル、チルドカップなど、幅広い商品ラインナップが展開されている。

https://zatsuneta.com/archives/105106.html

おはようございます、モクレンHP制作所担当です。今日は紅茶と言えば「リプトン」と言われるリプトン紅茶の創業者であるトーマス・リプトンの誕生日であり、リプトン紅茶一号店がオープンした日です。

しかし、リプトン紅茶がイギリス王室御用達であったとは知りませんでした。日本では黄色の箱のティーバッグでしか見た事が無いので、まさか王室がティーバッグで…なんてことはありませんよね。一般家庭では、ティーバッグは手軽に紅茶を楽しめる手段として人気があるのは分かりますが、担当の誕生年に発売されたとは驚きです。

そんなリプトン紅茶ですが、今「イエローマンデー」というのを始めているようです。これは、気分的に憂鬱な月曜日をブルーからハッピーなイエローに変えようというプロジェクトの様です。ポジティブに月曜日を始められるように準備期間を設けようという、いうなればリプトン紅茶を飲んで気分をハッピーにしようという事みたいですね。詳しくはこちらにありますが、なかなか楽しそうな考え方ですね。

そういえば、リプトン紅茶は殆どがティーバッグ商品ですが、中にミルクティのティーバッグもあるんですね。ちょっと驚きです。粉末のミルクがティーバッグに入っているのか謎ですが、見かけたら飲んでみたいですね、また、ルイボスティーという果物の風味が入ったものもあるようで、こちらも美味しそうですね。いずれも楽天・yahooのショッピング店で入手可能な様なので興味のある方は是非!

それでは本日も宜しくお願いします!!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA