こんにちは、今日は魚河岸初競りの日です。

各地の魚河岸(うおがし)で競(せ)りが開始される日。
「初競り」は、その年初めて行われる市場での競りを意味する。「魚河岸」は、魚市場のある河岸、または魚市場を意味する。江戸時代から東京・日本橋付近の河岸に魚市場があったことに由来する。これに由来して、東京・築地にあった東京都中央卸売市場(築地市場)の通称としても用いられる。
「魚河岸初競り」では、新年の初物として御祝儀相場が付けられる。2013年(平成25年)1月5日に行われた築地市場の初競りでは、青森県大間産のクロマグロ(本マグロ)が1匹1億5540万円で当時の史上最高値で競り落とされた。222キロのマグロで、落札者は寿司チェーン「すしざんまい」を展開する喜代村(きよむら)であった。
その後、築地市場から豊洲市場に移転後、初めて行われた2019年(平成31年)1月5日の初競りで、大間産のクロマグロが1匹3億3360万円で競り落とされ、過去最高値を更新した。重さは278キロで、落札したのは同じく喜代村であった。
2020年(令和2年)1月5日、元号が「令和」となった最初の初競りでは、大間産のクロマグロが1匹1億9320万円で競り落とされた。重さは276キロで、落札者は同じく喜代村であった。毎年初競りで話題となる同社の木村清(きむら きよし)社長は「マグロ大王」の異名を持つ。
2021年(令和3年)1月5日の初競りでは、大間産のクロマグロが1匹2084万円で競り落とされた。重さは208.4キロであった。新型コロナウイルスの感染が拡大する中、喜代村の木村社長は「最高値は付けなかった。外食は自粛モードなので、あんまり派手にやるのはいかがなものかと」とコメントしている。

https://zatsuneta.com/archives/101056.html

こんにちは、モクレンHP制作所担当です。今日は初競りの日です。毎年今日は大間のマグロが高値で競り落とされることで有名な日ですが、今朝のニュースでも既に初競りのニュースやってましたね。やはり大間産の211キロの本マグロで1688万円で競り落とされたそうです。これでもコロナの影響で外食産業が低迷しているかららしく、昨年よりも安値で競り落とされました。でもご祝儀相場とはいえ1000万円を超えるのは羨ましいですね。お年玉と考えればよいのか、実際問題として、普段の競り落とし価格が知りたいものです。しかし、1000万円…欲しいですね(笑)
漁業業界も厳しい日々が続いているようなので、たまには景気のいい話があってもいいですよね。
それでは本日もよろしくお願いいたします!!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA