おはようございます、今日は遠距離恋愛の日です。

FM長野の大岩堅一アナウンサーが提唱。それ以前に女子高校生たちが一つの都市伝説として噂していたものが広まったという説もある。
日付は「1221」の両側の「1」が1人を、中の「22」が近付いた2人を表す。遠距離恋愛の恋人たちにエールを送る日。また、遠距離恋愛中の恋人同士が、「クリスマス」前に会ってお互いの愛を確かめ合う日とされている。
遠距離恋愛について
「遠距離恋愛」という言葉自体に明確な定義は存在しない。一般的には恋人である2人の距離が物理的に離れている状態での恋愛を意味する。例えば、都道府県が異なる2人の恋愛や、同一県内でも相手が離島在住の場合などがある。
ただし、年齢や地域、経済力など様々な条件により状況が異なるため、単に物理的な直線距離だけでは定義できない。そのため、なかなか会えない距離にいる2人の恋愛とも表現できる。
自ら望んで遠距離恋愛をする場合は少なく、進学や留学、就職、転勤などがきっかけとなり、遠距離恋愛になる場合が多い。遠距離恋愛の場合、お互いが直接会う機会が少ないため、手紙や電話、メール、SNSなどが主な交流手段となる。

https://zatsuneta.com/archives/112211.html

おはようございます、モクレンHP制作所担当です。今日は遠距離恋愛の日です。遠距離恋愛というとJR東海の山下達郎の歌が思い浮かびますが、決してそれだけが遠距離恋愛の定義ではないみたいですね。今はSNSがあるので比較的短時間で連絡が取れますが、昔(担当の若い頃)は手紙か家電話しか手段がなかったので結構難儀しましたね(担当本人は遠距離恋愛したことはありません)。当時、携帯電話があれば…と何度となく思ったものです。
しかし、今日の元になった女子高生の都市伝説というのも気になりますね。遠距離恋愛にエールを送りたいという意味らしいのですが、ちょっと曖昧ですね。もうちょっと詳しく知りたいものです(詳細はググっても出ませんでした)。クリスマスも近いので、尚の事エールを送りたくなる気持ちもわからんではないですが。
それでは本日もよろしくお願いいたします!!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA