こんにちは、今日は七五三です。

男の子は数えで3歳と5歳、女の子は3歳と7歳の年に、成長を祝って神社・寺院などに参詣する。
その由来は、1681年(天和元年)旧暦11月15日に館林城主である徳川徳松(江戸幕府第5代将軍である徳川綱吉の長男)の健康を祈って始まったとされる説が有力である。
また、旧暦11月はその年の実りを神に感謝する月であり、旧暦15日は二十八宿で「鬼が出歩かない日」「何事をするにも吉」とされる鬼宿日に当たったことから11月15日に行われるようになった。今日では11月15日にこだわらずに10月から11月の間に行われるようになっている。
3歳は「髪置きの儀」で、江戸時代、3歳までは髪を剃る習慣があったため、それを終了する儀。5歳は初めて袴をつける「袴儀」。7歳は本仕立ての着物と丸帯という大人の装いをする「帯解きの儀」。それぞれ祝う意味がある。
七五三では、親が自らの子に長寿の願いを込めた「千歳飴(ちとせあめ)」を与えて食べて祝う。千歳飴という名称は、「千年」つまり「長い」「長生き」という良い意味があると共に、細く長くなっており、縁起が良いとされる紅白それぞれの色で着色されている。千歳飴は、鶴亀や松竹梅などの縁起の良い図案の描かれた千歳飴袋に入れられている。

https://zatsuneta.com/archives/111151.html

こんにちは、モクレンHP制作所担当です。今日は七五三の日です。とはいえ昨今は15日にこだわらない風潮の様ですが。まぁ、七五三だからといって会社を休むのも何だかなぁ…という感じなので、土日に行っていると最近は感じています。
七五三の各年齢の内容は今回初めて知りました。そういえば自分の時は袴着けたなぁと昔の写真を思い出しておりました。女の子の方が大変ですね。三歳の髪置きの儀は良いとして、七歳には初めて着物を着せてもらえるんですね。いいなぁと秘かに思ったりします。
七五三と言えば千歳あめが定番ですが、あれにも意味があったんですね。子供の頃は甘いものが食べられるという事で、無邪気に食べていましたが、袋の方に鶴亀や松竹梅が描かれていたとは全然知りませんでした。今度からニュースなどで七五三をやるときは注意して見ようと思います。
それでは本日もよろしくお願いいたします!!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です