おはようございます、今日は大鳴門橋開通記念日です。

1985年(昭和60年)のこの日、鳴門海峡を跨いで四国と淡路島を繋ぐ大鳴門橋が開通した。
大鳴門橋は、兵庫県南あわじ市福良丙(淡路島門崎)と徳島県鳴門市鳴門町土佐泊浦(大毛島孫崎)間の鳴門海峡の最狭部を結ぶ吊り橋である。本州と四国を結ぶ3つの本四架橋ルートの1つである神戸淡路鳴門自動車道として供用され、四国地方と近畿地方の交通の要になっている。
開通当初、橋上で鳴門の渦潮を見ようとするドライバーが後を絶たなかった。そのため、橋上区間全体にわたって路側帯に「停駐車禁止 路側走行禁止」と標示されている。また、橋上には至る所にスピーカーが設置されていて、ドライバーに警告を発している。

https://zatsuneta.com/archives/106082.html

おはようございます、モクレンHP制作所担当です。今日は本四架橋ルートの1つである「大鳴門橋」が完成した日です。担当は、橋は渡った事は無いですが、途中で止まって鳴門の渦潮を見たいというドライバーの意識はよくわかります。ですが、当然渋滞するので駐停車禁止、路側走行禁止にされるのもよくわかります。何より安全が第一ですからね。大鳴門橋は、上下二層構造で下側は鉄道が通せるように設計されていたのですが、明石海峡大橋の方がそういう設計になっていなかったので、宝の持ち腐れ状態になっているそうです。一度は渡ってみたい大鳴門橋ですが、これまたちょっと遠いので、なかなか行く機会がないですね。残念です(>_<)
それでは本日もよろしくお願いいたします!!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です