おはようございます、今日はスター・ウィーク(8月1~7日 記念日)です。

「スター・ウィーク ~星空に親しむ週間~」は1995年(平成7年)に、全国の天体観測施設の人たちの集まりで当時の国立天文台広報普及室長である渡部潤一が「バードウィークがあるなら、星でも同じような事ができるのではないか?」ということが提案されたことが始まり。
夜の闇の底で満点の星の光を前進に浴びることを、森林浴をもじって「星空浴(ほしぞらよく)」とネーミングした。主催はスターウィーク実行委員会、後援は国立天文台、天文学振興財団、協力は鳥取市さじアストロパーク他全国の有志。記念日には全国200以上の科学館や天文台で様々な催しが開かれている。
( 出典 https://zatsuneta.com/archives/10801b.html )

おはようございます、モクレンHP制作所担当です。今週は「スターウィーク」です。最近は都市部では夜間まで街の明かりが消えない光害によって夜の星が見えにくくなっています。満天の星を見るにはかなり田舎の、それも高度の高い位置に行かないと降るような星空は見えません。各国の天文台がハワイのマウナケアにあるのもそういった理由からですね。そういえばみなさん最近はプラネタリウムって行かれたことがありますか?担当も小さいころ行ったきりなのですが、身近で星空を感じるにはプラネタリウムもいいかもしれませんね。因みにスターウィークのHPは http://www.starweek.jp  です。興味のある方は是非見てみてください。東海地方もそろそろ梅雨明けしそうなので、満天の星が見えることを願って…
それでは本日もよろしくお願いいたします!!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA