おはようございます、今日は玉の輿の日です。

1904年(明治37年)のこの日、アメリカの5大財閥の1つであるモルガン財閥の創始者の甥ジョージ・モルガンと祇園の芸妓・お雪が結婚した。
1901年(明治34年)、世界周遊中のモルガンが京都でお雪に一目惚れをしてしまう。しかし、彼女には京大生の恋人がいて、モルガンには見向きもしなかった。求婚され困ったお雪はわざと「4万円(現在の8億円相当)で身請けして」と言ったところ、モルガンは承知してしまった。
この騒動が新聞に掲載され、結局京大生の彼は親にばれたことで彼女の元を去り、お雪はモルガンと結婚することとなった。結婚は日本に帰化したイギリス人法律家・小林米珂を媒酌人に横浜領事館で行なわれ、お雪は「日本のシンデレラ」と呼ばれた。

https://zatsuneta.com/archives/101202.html

おはようございます、モクレンHP制作所担当です。今日は大寒ですが、今年の大寒の朝は寒かったですね。みなさん、風邪などひかれていないでしょうか。
さて、今日の話題は「玉の輿」です。日本で言うところのシンデレラストーリーですが、そんな事が本当にあったのですね。しかも見受け料が8億円とは、破格の値段です。でも、財閥の甥っ子はそれにもめげないんですね、如何にお雪に惚れていたかがわかる逸話だと思います。実際、玉の輿はもっと前からあり、江戸時代に八百屋の娘として生まれたお玉という女性が時の将軍様の側室になったことが最初だという説があります。因みに逆玉という言葉は誤りだそうです(Wikipediaより)。でも逆玉になってみたい(笑)
それでは本日もよろしくお願いいたします!!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA