おはようございます。今日は日本人宇宙飛行記念日です。

1990年(平成2年)のこの日、TBSの秋山豊寛(あきやま とよひろ)記者(当時)を載せたソビエト連邦のソユーズTM-11号が打ち上げられ、日本人初の宇宙飛行に成功した。
秋山は、1989年(平成元年)10月から翌1990年11月まで、モスクワ郊外の「星の街」の宇宙飛行士訓練センターで訓練を行い、打ち上げ前日の12月1日に国家審査委員会から宇宙飛行士の承認を受けた。
TBSが調印した1989年時点では毛利衛(もうり まもる)のNASA・スペースシャトルでの飛行が日本人初になるはずであった。ところが、1986年(昭和61年)のスペースシャトル・チャレンジャー号の爆発事故の影響で毛利の飛行が遅れたため、秋山が日本人初となった。
秋山は、民間人では初めて商業宇宙飛行を利用するとともに、ジャーナリストでは初めて宇宙空間から宇宙を報道した。
現在は、初めて宇宙に行った日本人として、宇宙探検家協会(ASE、“宇宙飛行を経験した宇宙飛行士”の国際団体)の会員にもなっている。また、旧ソビエト連邦の宇宙ステーション「ミール」に滞在した唯一の日本人でもある。

https://zatsuneta.com/archives/112021.html

おはようございます、モクレンHP制作所担当です。今日は日本人が初めてロケットで宇宙へ行った日です。当時、日本中が注目した打ち上げでした。しかし、実は毛利さんの方が先の予定だったというのは初めて知りました。打ち上げと帰還はTBSで中継されたので見ていた方も多いのではないでしょうか(因みに視聴率は36%だったそうです)。流行語大賞があれば間違いなくなったであろう「これ、本番ですか」の第一声も有名ですね。あれから30年、何人もの日本人が宇宙へ行きました。つい先日も野口聡一さんが2度目の宇宙飛行を果たし、六か月間のISS滞在のミッションに励んでおられます。そういう意味では、日本人にも宇宙は身近な存在になってきた気がします。しかし、一般人が宇宙に行ける日は、H/W的にはSPACE X社の打ち上げ成功で近くなったと思われますが、乗るほうの人間が訓練が必要で、もうちょっと先の話になりそうです。(費用もかかりますしね)。担当の生きている間に一般人は宇宙に行けるのか、期待して見守りたいと思います。
それでは本日もよろしくお願いいたします!!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA