おはようございます、今日はテレビCMの日です。

基幹放送を行う全国の民間放送事業者を会員とする一般社団法人・日本民間放送連盟(民放連)が2005年(平成17年)に制定。
1953年(昭和28年)のこの日に開始された民放の日本テレビで、初のテレビCMが放送された。初のCMは「精工舎の時計が正午をお知らせします」という服部時計店(現:セイコーホールディングス株式会社)の時報であった。このCMは30秒スポットであったが、フィルムが裏返しになっており、音も不明瞭だった。そのため、正午に放送された初CMはわずか3秒で中止されるというハプニングがあり、同日夜7時に第2号CMとして以下のCMが放送された。( https://youtu.be/1V9ObYayjzc )
同連盟は8月1日から31日までを「CMのCMキャンペーン」月間として、キャラクター「コマーさる君」を使ってPRしている。コマーさる君の声を担当しているのは、俳優の阿部サダヲである。
( 出典 https://zatsuneta.com/archives/108282.html )

おはようございます、モクレンHP制作所担当です。67年前の今日、民放初のTV CMが流されたそうです。セイコーのCMで時報を報せるといったいかにも時計メーカーらしいCMだったらしいですが、所所の不具合により3秒で打ちきられるといった悲惨な目にあった様です。しかし今では溢れかえるほど流れているTV CMですが、最初を3秒で打ち切る決断をした放送局もすごいと思います。よほど酷かったんですね。
昨今は、放送本体よりもCMの方が長いんじゃないかというくらい挿入されているCMですが、スポンサーがかなり多いのかかなりの時間割かれてますね。あれだけ多いとビデオのCMスキップ機能を使いたくなるのも分かります。
それでは本日もよろしくお願いいたします!!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA