おはようございます、今日はファミコンの日です。

1983年(昭和58年)のこの日、任天堂から家庭用ビデオゲーム機「ファミリーコンピュータ(Family Computer)」が発売された。
日本国内での略称・略記は「ファミコン・FC」。型番は「HVC-001」で、「HVC」は「Home Video Computer」の略である。当時のメーカー希望小売価格は14,800円であった。
発売後、徐々に人気となり1年間で300万台以上を販売した。その後、『スーパーマリオブラザーズ』(1985年)や『ドラゴンクエスト』(1986年)などの人気ソフトで爆発的にヒットし、4年足らずで1千万台を突破した。最終的な出荷台数は全世界累計で約6,291万台を記録した。内訳は日本国内で約1,935万台、日本国外で約4,356万台となっている。
ゲームにのめり込むあまり、現実生活に対する興味が薄れる「ファミコン・シンドローム」という心の病も現れた。1989年(平成元年)に携帯型ゲーム機「ゲームボーイ(Game Boy)」、1990年(平成2年)に次世代機である「スーパーファミコン(SUPER Famicom)」が登場した。
また、2016年(平成28年)には『アイスクライマー』(1985年)や『グラディウス』(1986年)、『ゼルダの伝説』(1987年)など30本のソフトを内蔵し、オリジナルの筐体を小型化したデザインで復刻した「ニンテンドークラシックミニ ファミリーコンピュータ(Nintendo Classic Mini)」が発売された。
(出典 https://zatsuneta.com/archives/107154.html )

おはようございます、モクレンHP制作所担当です。37年前の今日ファミコンが発売されたのですね。担当は残念ながらファミコンよりもスーファミ、スーファミよりもプレステ世代なので、オリジナルのファミコンは触った事がないです。でも、カセットガッチャン!の感覚は知っています(スーファミで…)。TVゲームの初代とはいえ、今なおマリオ、ドラクエ等の新作が発表されているのは、つくづく息の長いソフトだなぁと思います。しかし、病気まで起こしてしまうとは当時のユーザーがいかにのめり込んでいたかがわかりますね。みなさんもゲームのやりすぎには注意しましょう。
それでは本日もよろしくお願いいたします!!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA