おはようございます、今日は住宅デーです。

東京都新宿区高田馬場に事務局を置く全国建設労働組合総連合(全建総連)が1978年(昭和53年)に制定。
日付はスペインの建築家アントニオ・ガウディ(Antonio Gaudí、1852~1926年)の誕生日にちなむ。住宅建築に関わる職人の仕事や技能をより多くの人に知ってもらうことが目的。
制定当時は高度経済成長による住宅建設ブームで、多くの住宅が建てられる中で、職人をめぐるトラブルも少なからずあった。そのため、町の大工や左官屋など職人の腕や信用をPRするために記念日が制定された。この日を中心として、職人による住宅相談や、独居老人宅や保育園・小中学校の修繕ボランティア、子ども達のための木工教室などが開催される。
(出典 https://zatsuneta.com/archives/106251.html )

おはようございます、モクレンHP制作所担当です。今日はサグラダ・ファミリアで有名なアントニオガウディさんの誕生日です。
住宅を作る人たちは色々な分野の人が関わってきます。大工・左官・配管…etc、どれが欠けても住宅は出来上がりません。そういう意味では住宅は職人さんたちの合作なわけですね。最近では工場で材料を加工して現地では組み立てるだけ…みたいな住宅もありますが完成までには同じことを行わなければならないので一緒ですね。そんな職人さんたちの腕を信用して建築を任せているので出来るだけ腕の信頼度は揃ってくれていた方が頼む方としては安心します。そのための記念日ですね。
それでは本日もよろしくお願いいたします!!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA