おはようございます、今日は麦とろの日です。

「麦ごはんの会」が2001年(平成13年)に制定。また、山梨県中央市に本社を置き、麦とろの食材などを手がける「株式会社はくばく」も制定。
日付は「むぎ(6)とろ(16)」(麦とろ)と読む語呂合わせから。「麦とろごはん」の美味しさや栄養バランスの良さを多くの人に知ってもらうことが目的。記念日は「はくばく」が制定した日として一般社団法人・日本記念日協会により認定・登録された。
「麦とろ」は、麦飯にとろろをかけて食べる料理である。とろろには、出汁や醤油、酒、みりん、卵、味噌、ネギ、青ノリなどを加える場合もある。その味付けは多岐に渡り、地域によって様々である。
麦には発汗で失われがちなビタミンB類とミネラルが豊富に含まれてる。麦とろごはんとして食べると、これらの麦の成分をとろろが体内に効率的に吸収させる。夏バテ対策にも優れた食べ物であると言える。
( 出典 https://zatsuneta.com/archives/106163.html )

おはようございます、モクレンHP制作所担当です。今日は麦とろご飯の日という事で、普通のとろろご飯は割と食べるのですが、麦とろは食べた事がないです。ミネラルが豊富に含まれ、且つそれが効率的に吸収されるとなるとこれは食べないわけにはいかないですね(笑)。みなさんも夏バテする前に、是非麦とろご飯を食べてみてはいかがでしょう。因みに麦ごはんの代わりに五穀米を使ってもいい気がするのですがどんなもんでしょう。麦も含まれていますから更にパワーアップしそうな気がするのですが…
それでは本日もよろしくお願いいたします!!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA