おはようございます、今日はパンダ発見の日です。

1869年(明治2年)のこの日、中国・四川省の民家で、伝道中のフランス人神父アルマン・ダヴィドが、白と黒の奇妙な熊の毛皮を見せられた。これが、西洋でパンダが知られるきっかけとなった。
ダヴィドはジャイアントパンダのレプリカ標本をパリの自然歴史博物館に送り、その1年後の1870年に、研究を進めたミレー・エドワードが、「Ailuropoda melanoleuca」(アイルロポダ・メラノレウカ)という学名を付けた。
学名の「Ailuropoda」は古代ギリシア語で「猫」+「足」の合成語。「melanoleuca」は同じくギリシア語で「黒白の」といった意味合いである。
パンダについて
パンダ(panda)は、ネコ目(食肉目)に属するジャイアントパンダ(クマ科)とレッサーパンダ(レッサーパンダ科)の2種に対する概念上の総称である。別名は「熊猫(くまねこ)」。両種とも中国大陸に生息しているという共通点がある。
「パンダ」の名前は、ネパール語で「竹」を意味する「ポンヤ(ponya)」から「竹を食べるもの」に由来する説がある。また、ネパール語で「(五指を含む)手のひら」を意味する「パンジャ(panja)」に由来するという説もある。
現在の中国では、一般的にパンダを「熊猫」、ジャイアントパンダを「大熊猫」、レッサーパンダを「小熊猫」と呼ぶ。なお、台湾では「猫熊」と呼ばれている。
単にパンダといった場合、現在ではジャイアントパンダのことを指すことが多い。しかし、当初は先に発見されたレッサーパンダに対して「パンダ」と命名され、後にジャイアントパンダが発見された経緯がある。そのため、漢字の「猫」の字は、もともとレッサーパンダの特徴から付けられたものである。

https://zatsuneta.com/archives/103111.html

おはようございます、モクレンHP制作所担当です。今日は、あのジャイアントパンダ発見のきっかけになった日です。とはいっても、毛皮を見せられた神父さんはびっくりしたでしょうね。形はクマだけど、色合いが白黒の二色…なんだこれは?と思っただろうことは想像できます。しかし、なんで学名が「猫足」なのでしょう、どうもこれは先に発見されたレッサーパンダが関係している様なのですが、ジャイアントパンダとレッサーパンダが似た者同士(どちらも竹を主食にする)なので、そのまま猫の字が持ってこられたものと思われます。この辺りはレッサーパンダに関するブログを参照してください。
ジャイアントパンダは、その後ワシントン条約に基づき商用目的での輸出が禁止されている事と、パンダの貸し出しで発生する費用はパンダの保護の為に使われるべきという事で、保護・繁殖に力がそそがれているようです。そういう意味では、和歌山のアドベンチャーワールドは比較的繁殖に成功している事例と言えるのではないでしょうか。日本では上野動物園のパンダが話題に上ることが多いですが、繁殖という点ではアドベンチャーワールドに軍配が上がると思います。結構SNSにも力を入れていて、生まれたパンダの情報発信などマメに行われています。気になる方はアドベンチャーワールドのHPへどうぞ。
それでは本日も宜しくお願いします!!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です