こんにちは、今日はナボナの日です。

東京都目黒区自由が丘に本社を置き、「ナボナ」(Navona)などの洋菓子・和菓子の製造・販売を手がける株式会社亀屋万年堂が制定。
日付は同社が1938年(昭和13年)12月18日に創業したことにちなむ。元巨人軍の王貞治選手が出演した「ナボナはお菓子のホームラン王です」のCMで知られる「ナボナ」は、ロングセラーとなる同社の看板商品である。記念日は一般社団法人・日本記念日協会により認定・登録された。
1963年(昭和38年)に発売された「ナボナ」は、2013年(平成25年)で発売50周年を迎えた。これを記念して「ナボナの日」が制定された。また、亀屋万年堂は2018年(平成30年)で創業80周年を迎えた。
「ナボナ」が誕生したきっかけは、亀屋万年堂の創業者でもある引地末治がイタリア・ローマで見たお菓子祭りだった。大勢の市民が参加し、子どもたちが思い思いにお菓子を楽しんでいる光景に、心をうたれ、和菓子の感性を活かしながら、洋菓子の楽しさにあふれたお菓子を創れないものかと考え、どら焼きの形をした洋菓子「ナボナ」が誕生した。お菓子の名前は感動の原点となったナヴォーナ(NAVONA)広場にちなむ。

https://zatsuneta.com/archives/112184.html

こんにちは、モクレンHP制作所担当です。今日は「ナボナはお菓子のホームラン王です」でお馴染みのナボナの日です。とはいっても、このCMを知っているのは担当世代位だと思うので、最近の方にはなじみが薄いお菓子だと思います(CMが見たい方は亀屋万年堂のHPに載ってます)。しかし、担当とほぼ同じ年に生まれたナボナが未だ現役のお菓子として発売されているのはビックリですね。ナボナは製造元の亀屋万年堂のHPからお取り寄せが可能なので遠くの方でも購入が可能です。担当も食べた事が無いので一度お取り寄せしてみたいですね(因みに亀屋万年堂の工場直売所は横浜にあります)。因みに一個108円と比較的リーズナブルな価格設定です。通販は3240円以上お買い上げの場合、全国一律330円の送料で送ってくれるみたいですのでその辺りはご注意を!
しかし、イタリアでは「お菓子祭り」というのがあるんですねぇ、日本でもあったら是非行ってみたいイベントです。その感動でナボナが生まれたというのはとっても素晴らしい逸話だと思います。なにかに感動するのは大事な事ですね。
それでは本日もよろしくお願いいたします!!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA