おはようございます、今日は求婚の日です。

1883年(明治16年)のこの日、日本で新聞に求婚公告の第一号が掲載された。
伊勢新聞および三重日報に、中尾勝三郎という人が「先頃女房を離縁して不自由勝ゆえ、貧富を論ぜず、十七歳以上二十五歳にて嫁にならうと思ふ物は照会あれ」という求婚の広告を出した。
結果、近くに住む19歳の女性が応募し、めでたく結婚したという。この当時は新聞が出始めた頃で、この求婚広告のようにユニークな広告が掲載されていた。
「求婚(きゅうこん)」は、結婚を決める前の一段階で、結婚を申し込むこと。お互いの結婚の意思の疎通を図るもので、「プロポーズ(propose)」とも呼ばれる。
関連する記念日として、ブライダルファッションの第一人者である桂由美が会長を務める全日本ブライダル協会が6月の第1日曜日を「プロポーズの日」に制定している。
6月の花嫁は「ジューンブライド(June bride)」と呼ばれ、6月に結婚すると女性は幸せになれると言われている。これは6月がローマ神話の女神で結婚と女性の守護神ジュノー(ユノー、Juno)の月とされることに由来する。

https://zatsuneta.com/archives/101272.html

おはようございます、モクレンHP制作所担当です。今日は初めて新聞に求婚の広告が載った日です。さすがに今日では求婚の広告を載せる人はいないと思いますが、当時としても珍しかったのでしょうね。広告費が幾らかかったのか興味のあるところです。しかも、それで応じる相手が見つかったというのがおめでたい事ですね。本人の写真も載ってたんでしょうか、興味は尽きません(笑)
しかし、求婚は本来相手が決まっていて結婚を申し込むのが普通だと思っているので、正確には「花嫁募集」くらいの感覚が正しいのでは…と思うのは私だけでしょうか。
それでは本日もよろしくお願いいたします!!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA